仕事内容はあってる?

求人を見ると○○コンシェルジュや○○アドバイザーという名称になっていたというのに、実際に採用されてみたら営業職だったということがあります。

 

これは会社によって募集職種の呼び方が違っているからです。
これでは一般人にとって仕事内容が分かりにくく困ってしまいます。

 

それに、営業職と言われてもその会社や商品などによって仕事内容も全く違ってくることがあります。新規開拓営業なのかルート営業なのか、飛び込み営業、反響営業、どんな商品を扱っているのかというように内容が違ってくると応募するかどうかも変わってきます。

 

職種の呼び方と実際の仕事内容が違っていることもあるため、呼び方だけでイメージしないようにすることが大切です。

人気コンテンツ
→「3ヶ月待たずに失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
 それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!