国民健康保険に加入が必要

退職後は国民健康保険に入らなければいけません。

 

会社に勤めている間は、給料から天引き+会社が一部負担をしてくれていたので、自分で何か手続きを取る必要はありませんでしたが、退職後は健康保険の手続きをしなくてはいけません。

 

この時に必要な書類は、退職日が確認できる書類です。これは、社会保険資格喪失証明書、離職票などがあてはまります。他にも印鑑が必要です。

 

保険料の手続きが遅れてしまい支払いが滞ると、保険に再度入った時に未払い分もさかのぼって請求されてしまいます。それだけじゃなく延滞分の利息を求められることもあります。

 

もし退職期間が長引いて保険料を支払い続けるのが厳しくなった場合、減免の申請をすると減額もしくは免除してもらえる可能性があります。健康保険が払えないからといって放置するのはやめましょう。

人気コンテンツ
→「3ヶ月待たずに失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
 それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!