退職時に返してもらうもの

退職すると、返すものと返してもらうものがあります。
退職日直前で準備すると、スムーズに退職できなくなる可能性もあるので、退職日14日前までには準備に取り掛かりましょう。

 

まず返してもらうものは、定期券や健康保険証、社員証、制服、名刺、業務で使用した関係書類などです。

 

そして、返してもらうものは、雇用保険被保険者証、年金手帳、離職票、源泉徴収票、退職証明書、厚生年金基金加入員証です。

 

特に雇用保険被保険者証と離職票は失業保険をもらう際に必要になります。

 

前者は退職時に受け取ることができますが、後者は退職後から10日後に発行され、そこから郵送されるため少し時間がかかります。

人気コンテンツ
→「3ヶ月待たずに失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
 それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!