失業保険を長くもらう方法

失業保険の給付金は、給付日数が多ければ当然、もらえる金額は増えます。
まず、多くもらうために長くもらうということは重要です。

 

給付日数がどのようにして決まっているかというと、一般被保険者の場合は、
勤続年数(正確には雇用保険の加入年数)によって決まります。

 

以下の表から10年以上と20年以上で給付日数が変わっているのがわかると思います。
この表を元に自分が辞めるタイミングがいつが良いのかをしっかりと考えて退職してください。
そうすることによって給付日数が大きく変わってきます。

 

  10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全年齢共通 90日 120日 150日

 

そして、.特定受給資格者及び特定理由離職者の方は、更に、
勤続年数(正確には雇用保険の加入年数)と離職時の年齢によって決まります。

 

こちらも、大切なことは退職するタイミングを見極めることです!

 

30歳未満の人で、あと少しで5年以上になりそうな人の場合は、
もう少し頑張って5年を越えれば90日から120日になります。

 

30歳以上の人の場合は、90日から一気に180日です!

 

2倍です!

 

そして、雇用保険に10年以上加入している人で、
あと少しで30歳になる人の場合は、30歳を越えるまで頑張れば給付日数は210日になります。

 

  被保険者であった期間
  1年未満 1年以上

5年未満

5年以上

10年未満

10年以上

20年未満

20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日  
30歳以上35歳未満 90日 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 90日 180日 240日 270日
45歳以上60歳未満 180日 240日 270日 330日
60歳以上65歳未満 150日 180日 210日 240日

 

このように自分の雇用保険の加入年数と年齢をしっかりと考えて退職することで、
失業保険は長くもらうことができるのです。

次のページへ進む

人気コンテンツ
→「3ヶ月待たずに失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
 それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!